ツール

【保存版】頭数から簡単にボックスの点数計算

ここではボックス馬券(車券、舟券)の組み合わせ数について紹介します。競馬場などで馬券を購入するためのマークシートにも記載されていますが、一定の頭数までは覚えておくといいですね。

ボックス馬券が好きな方であれば、7 頭ボックスくらいまでなら暗記しちゃっている人も多いでしょう。

それだけで十分、8 頭以上は買わないよって言う人もいると思いますが、参考までにフルゲート 18 頭の組み合わせパターン数を紹介します。

私の経験上、馬単や馬連、3 連複も 8 頭ボックスが最大だったと記憶しています。マツリダゴッホが勝った有馬記念は馬単 8 頭ボックスで華麗に外しました・・・。

枠連は最大で「(8 × 7) ÷ 2」の 28 通り、ワイドは馬連と同じなので馬連の項目を参考にしてください。

頭数 馬連 馬単 3連複 3連単
2 1 2
3 3 6 1 6
4 6 12 4 24
5 10 20 10 60
6 15 30 20 120
7 21 42 35 210
8 28 56 56 336
9 36 72 84 504
10 45 90 120 720
11 55 110 165 990
12 66 132 220 1,320
13 78 156 286 1,716
14 91 182 364 2,184
15 105 210 455 2,730
16 120 240 560 3,360
17 136 272 680 4,080
18 153 306 816 4,896