Docker

DockerはKubernetesの時代?ところで読み方は?

開発環境としても本番環境としても運用が増えつつある Docker ですが、コンテナの管理を効率化する Kubernetes とセットで使うのがトレンドのようです。

しかし、この Kubernetes の読み方がわからなくて調べてみたところ、いくつかの候補があるようで、現場によっても違いがあるようです。

実際にどのような読み方があるのか紹介してみます。

Wikipediaでも複数の候補が

Wikipedia を見ればこの手の問題は解決するのですが、Wikipedia にも読み方の候補が複数存在します。

  • クーべネティス
  • クーベルネイテス

どちらも読みやすいとは言えないですね。

読み方サイトでチェック

ここで頼りになるのが「ヨミカタ」ですね。

日本の現場ではどの読み方が多いのか、このサイトを目安にしている人も多いと思います。

  • クベルネテス

このサイトでは圧倒的に「クベルネテス」という呼び方が多いようです。

短い方がいいので私もこれを採用したいと思いますが、実際にはプロジェクトに影響されてしまうのでしょうけどね・・・。

現場の人に聞く

先日、Docker をバリバリ使っている現場の人に聞いてみたのですが、どうやら「クーべネティス」を使っているようです。

また、先頭の「クーベ」という呼び方や、Kubernetes の kube を取って「キューブ」と呼んでいる場合もあるとのこと。

こりゃ、完全に現場に依存しそうですね。

yumの読み方も論議の対象に

Linux のパッケージ管理の yum についても、人によっては「ヤム」「ユム」などいまだに分かれます。私は最近は「ヤム」派。

この手の名前は、自分で貫き通して周りにも浸透させるか、周りに流されて自分が変わっていくのか、些細なストレスにもなりますよね。

無理に日本語読みに置き換えるのが難しいのはわかりますが、悩ましいところです。

どうしてもダイヤが必要な場合

時間を短縮したい。お店屋さんの生産枠を増やしたい。など、ゲームを進めるうえで、どうしても少しだけダイヤを課金したくなる時ってありますよね。

そんな時は、楽天市場で「itunesカード」を購入すると楽天ポイントの還元があってお得です。

iOS(iPhone)の人に限られてしまいますが、初回購入時に 500 円オフのキャンペーンをしていたり、楽天ポイントも最大で 16 倍とものすごくお得です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

App Store & iTunes ギフトカード(3,000円)
価格:3000円(税込、送料無料) (2020/5/24時点)