テニス

江坂テニスセンターの試合(ゲームイベント)に参加してみた感想

「テニスが楽しくなってきたけど、試合に出るにはまだ早いよね」

「試合に出たいけど、ストロークの調子が戻ってきてからにしようかな」

「試合でミスしたら相手に悪いから、もっと練習して上のレベルのクラスに行くのが先かな」

こんな言い訳ばかりして、試合の申し込みをする勇気がなかなか出ないって悩んでいませんか?

私はこれまで多くのイベントに参加してきましたが、実はゲームイベント(試合)の申し込みだけは躊躇していました。

まさに冒頭に書いた通りのしょうもない葛藤です(笑)

しかし実際にゲームイベントに出てみないと、いつまで経っても雰囲気がつかめないままモヤモヤしますよね。

今回は、江坂テニスセンターのゲームイベントについて、実際に体験した内容を紹介していきます。

ゲームイベントで得られること

ゲームイベントに参加する前は、ずっと以下のようなことを考えていました。

・相手はどのくらい強いんだろうか
・みんなの前で試合するのは嫌だな
・まったく相手にならなかったら迷惑かな

どれもネガティブなマイナス思考ですね(笑)

せっかくお金を払って参加する立場なのに、こんな弱気のまま臨むのはもったいないです。
(今だから言えることですが)

あと、誰もあなたの試合になんか注目していないので、カッコよく決めようがミスしようが、周りを気にする必要はありません。

実際にゲームに参加してみると、最初に思い描いていた不安とかはまったくなく、プラスな印象だけが残りました。

・楽しい(意外に健闘してる)
・悔しい(しょうもないミスをした)
・ポジショニング悪いかも?(発見)
・セカンドサーブ覚えようかな(課題)

もちろんゲームなので勝ち負けはあるのですが、その勝敗以上に、試合中の 1 ポイント 1 ポイントにドラマがあります。

自分の良かったところ、悪かったところ、もっと練習したいテーマ、今度コーチに聞いてみたい質問などなど、短時間のうちに色々なものが見えてきます。

ゲームイベントの進行

ゲームイベントの進行ですが、私の当初のイメージとは大きく異なっていたので説明しておきます。

私は過去に、「プチシングルス」という民間の草トーナメントに 2 回くらい参加したことがあります。

プチシングルスのテニス大会に参加した感想テニススクールに通っていると、ミニゲームやゲーム形式の練習をすることは定期的にあると思います。 しかし、それほど多くの時間が割かれ...

そのトーナメントは、最低でも 1 人 5 試合できるように、1 試合の時間が決まっており過密スケジュールとなっていました。
(たくさん試合ができることを優先しているので承知の上ですが)

タイマーで試合時間を管理し、時間がきたらそこが最終ポイントとなり勝敗が決まります。

その試合が終われば、すぐに次の試合が始まるという忙しさで、試合とは別の不安もありました。

もちろん、初参加の人には主催者や周りの人がフォローしてくれるので心配はありませんけどね。

しかし江坂テニスセンターのゲームイベントは、「プロの試合なの?」というくらい時間をたっぷりと使って進行していきます。

・ゲーム開始までの集合がのんびり
・試合前練習もたっぷりある
・コートチェンジの度に休憩がある
・次の試合までの間も時間たっぷり(参加者が少ないと過密になるかも)

コートチェンジの休憩の時に、ボールガールが日よけの傘を差してくれたり、水を渡してくれるっていうサービスはないですけどね(笑)

ゲームイベントは日曜日の 17 時くらいから始まることが多いのですが、決勝戦が終わるのはダブルスで 21 時くらい、シングルスだと 22~23 時くらいです。

てっきり 1 試合 30 分くらいでどんどん進行していくと思っていたのですが、1 試合に 60 分くらいは掛かっていたのではないでしょうか。

・イベント当日の受付は 20 分前から
・受付時に参加賞の飲み物がもらえる
・集合場所で試合球が渡されてコートへ移動する
・1 試合は 6 ゲーム先取
・6-6 になったらタイブレーク
・勝った方がボールを持って受付に勝敗を報告する

ざっとこんな感じですね。

予選もトーナメントも、みんな並行して試合を行っていますし、待ちがある人も他の試合を見る必要はなく、次の自分の出番までは完全に自由行動です。

よって、多くの人が自分の試合に注目することはないので、変にプレッシャーを感じたり、女の子の前でいいところを見せようなんて気にもならないので安心してください。

本線のトーナメントで敗退したら、自由に帰宅して OK なので、最後まで他の人の試合を見守る必要もありません。

ゲームの感想(シングルス)

私は最初に「男子シングルス」の試合に参加したのですが、そもそもシングルスの試合自体が初めての経験でした。

またゲームイベント前に、別のイベントで 3 時間練習していたので、疲労回復のためにサプリメントを飲みながらの参加。

しかもゲームイベント前の練習イベントで、コーチからシングルスのポイントについて教えてもらってたくらい準備ができていませんでした。

・サーブはセンター寄りから打つ
・ポジショニングはセンター付近
・まずは 1 ゲーム、次に 1 試合勝てたら十分

数分間でしたが、上記のアドバイスだけもらって試合に挑みました。

試合の結果は以下の通り。

2 – 6(負け)
6 – 2(勝ち)
4 – 6(負け)

初参加で、しかもシードの選手に勝てたことが嬉しかったです。

負けた試合も、イージーミスや消極的になった部分が多かったので、試合慣れしていけば勝てるチャンスは増えていくのではないでしょうか。

ボレーにも何度も挑戦しましたし、抜かれそうな打球をギリギリのバックボレーで決めた自画自賛のファインプレーもありました。

ミスは多かったですが、1 つでも納得のいくプレーがあったことは収穫でしょう。

試合は絶対に「慣れ」なので、今後もタイミングが合えばダブルス含めてチャレンジしていきたいですね。

まあ、ダブルスは相手がいてこそですが(笑)

ゲームの感想(ダブルス)

シングルスの参加から約半年後、ダブルスの試合にも参加しました。

ダブルスの場合はペアが必要なので、身近なところに参加意欲のある人がいないと成立しません。

男子ダブルス、女子ダブルス、ミックスダブルスと、江坂テニスセンターでは 3 種目がありますが、シングルスに比べると定員に達しない場合が多いイメージがあります。

レッスンやイベントのミニゲームではダブルスを行うことがほとんどだと思いますが、なかなかペアを決めて試合に挑むという流れができにくいのかもしれませんね。

・いきなり試合に誘うのは抵抗がある
・断られたら嫌だと思ってしまう
・試合でミスが続いて迷惑を掛けたくない

やはり、ここでも消極的になってしまう人が多いのかなと思います。

逆に女性の方が積極的で意欲のある人が多いので、女子ダブルスやミックスダブルスの方が成立しやすいかもしれませんね。

っと書きながら、私が参加したのは「男子ダブルス」なのですが、定員 16 組のうち、参加したペアは半分くらいでした。

やはり、男子ダブルスは人気がないのかも・・・。

参加ペアの数に応じて予選のグループも 3 組になったり 4 組になったりしますが、4 組の場合は待ち時間を作らずに次の試合ができるので、体力的な負担は大きいですが、試合効率の面では大きなメリットがあります。

ダブルスの試合をしていて、シングルスと違うなって感じたのは以下のこと。

・ペアの結束力がある
・1ポイントごとに作戦を考えている
・ダブルスのノウハウが必要

ペアの結束力がある

私は即席のペアで参加したのですが、相手のペアは皆さん結束力がありました。

優勢の場合、劣勢の場合に関わらずお互いに声を掛け合っています。

「次、取っていこう」

「ここ粘っていこう」

など、前向きな言葉で集中力を高めています。

1ポイントごとに作戦を考えている

これは、テニスに限らずバドミントンなど他のプロの試合を見ていてもわかりますが、ダブルスは 1 ポイントごとにペアで何か話をしています。

相手ペアの動きを見て、狙っていく場所や、相手の特徴などを情報交換しているのかもしれません。

どちらかというと、私は狙われた方だと思いますが(笑)

ただ、即席ペアの私は、コートチェンジの時に話をすることはあっても、ゲーム中に情報交換をすることはしませんでした。

ここはペアとしての経験次第といったところでしょうか。

ダブルスのノウハウが必要

普段、レッスンではダブルスの動きの練習を中心にしています。

しかし、試合の中でボレーをする際に、ついつい相手の後衛にボールを返してしまうことがありました。

とっさのボレーの場合は後衛に深い球を返すことは悪くありませんが、余裕があって決められるときにもついつい強いボレーを後衛の正面に返してしまう・・・。

練習では繋ぎのボレーが多く、あまり決めることに特化したボレーをしないのも理由にあるのかもしれません。

本来なら T ゾーンなど前衛と後衛の間や、前衛の足元、サイドなどに決め切る必要があります。

練習中に決め切ってしまうと、ラリーが途切れてしまうのでついつい繋いでしまいますが、ここの意識を変えていかないと、いつまで経っても決めるボレーができないという不安が出てきました。

せめてミニゲームでは決めるボレーを心掛けたいですね。

まとめ

江坂テニスセンターのゲームイベントについて紹介してきました。

・丸山コーチが主催している
・時間をたっぷり使って進行する
・最低でも 3 試合はできる
・必ず良い経験になる
・今の自分に足りないものがわかる

経験値が増えることと、試合慣れすることで、普段のレッスンにおいても視野が広がります。

時々、周りから以下のような声が聞こえてくることがあります。

「私はまだ一番下のクラスだから出ない」

「あの人、私より下手なのに試合に出てる」

なんて、後ろ向きな発言をしている暇があったら、どんどんチャレンジしていきましょう。

テニスが楽しくなってきて、少し上手くなってきたと感じた時が、次に進むときなのです。

また、ゲームイベント以外のイベントについてもまとめてみましたので、興味があればご覧ください。

【チェックリスト】江坂テニスセンターで役に立つイベントこれまで、江坂テニスセンターのイベントについて何度か触れてきました。 https://itneko.com/tennis-esak...

イベントの予約で早起きするのが苦手って方は、IT が当たり前の時代でもあるので、積極的にプログラムを活用していきましょう。

江坂テニスセンターの人気イベントを簡単に予約する方法以前、江坂テニスセンターについての体験談を書きました。 https://itneko.com/tennis-esaka/ ど...

新型コロナウイルスの影響で、レッスンやイベントの開催が流動的ですが、再開されたらたくさん楽しみたいですね。