ツール

BitBucketやGitHubで「空白」「タブ」「改行」の差分を無視する

コードレビューをしていると、稀にエディタの設定の違いで空白行(空白行とスペース4文字などの行)や行末のホワイトスペースなどの差分が表示され面倒なことがあります。

本来ならチーム内で最低限のコーディング規約は統一しておいて、プルリクの時点でそのような差分が出ないことが望ましいです。

ただ、そうも言ってられない場合もあるので、今回は空白行などを無視した差分の確認方法です。

差分確認用のURLにパラメータ指定

通常、BitBucket 上でブラウザでソース差分を確認する場合、以下のような URL になります。

https://bitbucket.org/[チーム名]/[リポジトリ名]/pull-requests/1000/[ブランチ名]/diff

この URL のパラメータに「w=1」を指定することで空白の差分が無視され、すっきりとした状態でコードの確認ができます。

https://bitbucket.org/[チーム名]/[リポジトリ名]/pull-requests/1000/[ブランチ名]/diff?w=1

どうしてもダイヤが必要な場合

時間を短縮したい。お店屋さんの生産枠を増やしたい。など、ゲームを進めるうえで、どうしても少しだけダイヤを課金したくなる時ってありますよね。

そんな時は、楽天市場で「itunesカード」を購入すると楽天ポイントの還元があってお得です。

iOS(iPhone)の人に限られてしまいますが、初回購入時に 500 円オフのキャンペーンをしていたり、楽天ポイントも最大で 16 倍とものすごくお得です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

App Store & iTunes ギフトカード(3,000円)
価格:3000円(税込、送料無料) (2020/5/24時点)