ツール

GoogleMapのAPIキーの認証情報にリファラURL設定

昔は API キーを指定することで、JavaScript で GoogleMap が表示できていましたが、何年か前に、そのキーに対して認証情報の追加が推奨されました。

新規で発行する場合は必須になっているかもしれませんが・・・。

一番簡単なのは、地図を表示するのは JS を埋め込んでいる同じドメインのサイト上になると思うので、リファラが一致するという条件でしょうか。

しかし、サイトのドメインを変更して移転したり、新たなドメインでサイトを立ち上げたときに、同じキーを使いまわして利用すると、ついつい認証情報へ許可 URL の設定を忘れがちになります。

さらに、API キーの管理は Google Map の API サイトではなく、「Google Cloud Console」の「API Manager」で行うので、久し振りにやろうと思うと、このサイトに辿り着くのに時間が掛かります。

そんな備忘録も含めてになりますが、「地図が表示できない」というエラーに遭遇した際は確認してみてください。