ツール

IntelliJ上でGradleビルド時に「Deprecated Gradle features were used in this build」が出たので調べた

Gradle でプロジェクトのビルドをしたら以下の警告メッセージが表示されて嫌な予感。
(一部抜粋)

Deprecated Gradle features were used in this build, making it incompatible with Gradle 5.0.
Use ‘–warning-mode all’ to show the individual deprecation warnings.

メッセージの通り、使用しているバージョンは 4.10 だけど、5.0 から推奨されなくなるものがあるということです。

ちなみに、バージョンを 4.8 や 4.8.1 に落としてみても同じく警告は出ます。

4.10 の方が若干メッセージが詳しくなっている程度でしょうか。

Deprecated Gradle features were used in this build, making it incompatible with Gradle 5.0.

今回は、IntelliJ IDEA の IDE 上で、この警告メッセージの詳細な内容を調べてみたいと思います。

コマンドラインから gradle を実行している場合は、メッセージの通り以下をオプション指定すれば OK です。

–warning-mode all

warning-modeの設定場所

.gradle の配下に gradle.properties を作って、そこに定義しろって情報が見つかりましたが、残念ながら認識はしてくれませんでした。

あれこれ悩んで gradle のシェルに強引に追加してみたのですが、こちらも上手くいかず。

VM Option で引数を足してみたり・・・(破茶滅茶なことしてるな)

落ち着いて考えてみたところ、Gradle の Service Directory Path の設定は Mac だと以下になっているので、プロジェクトフォルダの .gradle ではなくてここのディレクトリのことですね。

/Users/USERNAME/.gradle

gradle.propertiesの作成

ということで、所定の場所にプロパティファイルを作成します。

ふー、ようやく警告の詳細が確認できました。

The project name ‘hoge/fuga’ contains at least one of the following characters: [ , /, \, :, <, >, “, ?, *, |].This has been deprecated and is scheduled to be removed in Gradle 5.0. Set the ‘rootProject.name’ or adjust the ‘include’ statement

要はプロジェクト名にスラッシュを使用するなよってことですね。

ってことで、命名した人にバトンタッチしてメデタシメデタシ。

すぐに対応しないような警告の場合は、ビルド時に詳細な警告メッセージが邪魔になるのでコメントアウトしておくといいと思います。

冒頭の警告メッセージは出続けちゃいますけどね。