Java

CentOS5.5にJava環境(JDK)を構築する

Java からは数年間遠ざかっていましたが、久しぶりに CentOS5.5 に最新の JDK を入れてみる。

今回は下記の Oracle(Sun)サイトで提供されている Linux 用の rpm 向けバイナリパッケージを利用します。

JDKのダウンロード

2011 年 2 月現在の最新は Java SE 6 Update 24 で、Download JDK のボタンをクリックして Platform から Linux を選択します。

上記から jdk-6u24-linux-i586-rpm.bin をクリックしてダウンロード。

インストール方法は以下の通り。

バイナリからインストール実行させるために、ダウンロードしたバイナリに実行権限を付与しておきます。

JDKのインストール

インストールを実行します。

インストールの最後に Enter の入力を求められるので、そこで Enter を押したら完了となります。

環境変数の設定

次に環境変数の設定をします。

上記ファイルを即座に反映します。

バージョンを確認します。

Javaのビルドと実行

定番の Hello World を作成して実行して動作確認をしてみます。

無事、表示されました。

Hello World!!