Kotlin

【Kotlin入門】型ごとに適した配列定義について

Java でも同じですが、Kotlin でもあまり数値や文字列に特化した配列を使うケースは少ないです。

どちらかというと、List や Map クラスを利用するパターンが圧倒的に多い。

しかし、ちょっとしたループ処理や値の保持には適している部分もあります。

今回は、Kotlin の配列を紹介します。

Int型の配列

Kotlin で Int 型の配列を扱いたい場合は IntArray が用意されています。

IntArray は型、intArrayOf はカンマ区切りの数値を引数とする関数です。

結果はご察しの通り、以下になります。

1です
2です
3です
4です
5です

ベタに書いても同じ結果となります。

配列のインデックスも合わせて表示したい

どうせ配列をループさせるなら、インデックスと値の両方を表示させたいものです。

最初のサンプルを少し改修すると以下のように表現できます。

これで、配列のインデックスと値の両方を活用した表現ができました。

1番目の数値は1です
2番目の数値は2です
3番目の数値は3です
4番目の数値は4です
5番目の数値は5です

他の型の配列の定義

ここまでは、Int 型の配列を紹介してきましたが、もちろん他の型にも同様の関数などが用意されています。

val b: BooleanArray = booleanArrayOf(true, false)
val l: LongArray = longArrayOf(1000000000000, 2000000000000, 3000000000000)

一方、数値以外の変数タイプの配列を作る時は arrayOf() を使います。

実は arrayOf() でも数値は取り扱えるのですが、パフォーマンスを考えると先ほどの intArrayOf() の方が効率がいいです。

次回は List について触れていきたいと思います。