Kotlin

【Kotlin入門】Boolean型の活用と論理演算子

今日は Kotlin の現場で使われているロジックを初めて見ました。

これから、実際に運用されていくソースを触ったり、既存ソースを参考に自分で組んでいくことになるので、基本的な部分をチマチマとやっていく余裕はなくなりそうです。

以前、「Kotlinの2種類の変数と型宣言の基本パターンについて」で文字列と数値の型について触れましたが、今回は真偽値を取り扱う Boolean 型について紹介します。

【Kotlin入門】2種類の変数と型宣言の基本パターンKotlin のコメントの書き方の説明をした際に、チラっと変数を使ったサンプルソース(最後のソース)も書いてみました。 https:/...

Boolean型の変数が保持できる値

Boolean は真偽値を取り扱うと書いた通り、以下の 2 つの値のみ保持できます。

true
false

直接、true や false を変数に代入することもできますし、真偽の結果を格納することもできます。

真偽の結果を取得

真偽の結果とは、例えば以下のようなロジックです。

num が 3 より大きい場合の判定結果を is_ok の変数に代入しています。

上記の場合は、num が 5 なので true になりますね。

また、is_ok を条件判定式で利用する場合は下記の通りです。

true の場合は () の中に変数を書くだけで OK です。

詳細に書く場合は以下のように true 判定を明示的にしますが、true 判定の場合は省略するケースが多いです。

if (is_ok == true)

逆に false 判定は条件式の is_ok 変数の前に !(ビックリマーク)を付けて否定を表します。

「is_ok != true」と同様ですね。

複数条件の判定結果

ここまで、3 と 5 を比較する例を使って説明してきました。

ここでは複数の条件を使った条件判定を行ってみます。

注目すべきは以下のロジックになります。

(3 < num && num < 7)

以下の 2 つの条件を && で結んでいます。

3 < num
num < 7

この場合は両方の条件を満たした場合に限って結果が true になります。

最低限、片方の条件を満たしている場合は || で結びます。

&& が「かつ」、|| が「または」となり、それぞれ「AND条件」「OR条件」と呼ばれたりもします。