Kotlin

IntelliJのKotlinで「Redundant `let` call could be removed」

IntelliJ のバージョンアップをしたある時から、let に黄色い下線が引かれるケースが出てきました。

情報を見てみると以下のようなメッセージが表示されています。

Redundant let call could be removed

今回はこのメッセージの対応方法を調べてみたいと思います。

メッセージの内容

結論から言うと、「let呼び出しが冗長なので削除できますよ」と言うものです。

let 使わなくても書けるし効率いいでしょって嫌味を言われているようなものでしょうか。

サンプルロジックと対応方法

例えばこんなロジック(かなり雑ですが)が該当します。

別に自然でしょって思うのですが、要はこのように書けってことですね。

参考までに、この辺に該当の IntelliJ のコードがありました。

どうしてもダイヤが必要な場合

時間を短縮したい。お店屋さんの生産枠を増やしたい。など、ゲームを進めるうえで、どうしても少しだけダイヤを課金したくなる時ってありますよね。

そんな時は、楽天市場で「itunesカード」を購入すると楽天ポイントの還元があってお得です。

iOS(iPhone)の人に限られてしまいますが、初回購入時に 500 円オフのキャンペーンをしていたり、楽天ポイントも最大で 16 倍とものすごくお得です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

App Store & iTunes ギフトカード(3,000円)
価格:3000円(税込、送料無料) (2020/5/24時点)