Kotlin

Kotlinで特定の長さの文字列を作成する

Kotlin に限った話ではないですが、テストコードを書いているときに、バリデーションエラーになるような特定の長さの文字列を生成したい場合があります。

10 文字制限のデータに対して 11 文字の文字列を設定するのであれば、以下のようにベタで書いた方がわかりやすいかもしれません。

val name = “11111111112”

しかし、これが 100 文字や 200 文字となると話は別。

今回は、簡単に特定の長さの文字列を生成する方法を紹介します。

repeatを使う

今回は、Kotlin に標準で用意されている CharSequence.repeat() を利用します。

fun CharSequence.repeat(n: Int): String
repeatの公式ドキュメント

例えば、101 文字の文字列を生成したい場合は以下のように定義します。

201 文字なら以下の通り、文字列の中身を気にしないのであれば特定の文字を指定回数繰り返すだけです。

って、単純な話ですが、複数言語を触っているとついつい忘れてしまうので、自分用の備忘録です。