Kotlin

【Kotlin入門】ダブルクォーテーションの中にダブルクォーテーションを表現する方法

Kotlin で JSON 文字列のサンプルを表現しようと文字列を書いたのですが、ダブルクォーテーションのエスケープが地味に面倒でした。

ただ、もっと簡単に表現できるよって方法を教えてもらったので備忘録として残しておきます。

ダブルクォーテーションをエスケープする方法

例えばダブルクォーテーションで囲まれた単純な文字列ならこんな感じ。

“Hello, world!!!”

JSON 文字列だとバックスラッシュ(Windowsだと円マーク)でエスケープ連発ですね。

{“id”:1,”name”:”ネコ”}

ダブルクォーテーション3つで囲む方法

ダブルクォーテーション 3 つで両サイドを挟むと、その中のダブルクォーテーションがそのまま表現できます。

{“id”:1,”name”:”ネコ”}

これは Python など他の言語でもありますが、「三連引用符」と言われるやつですね。

でも、「三連引用符」って他の言語でも共通した名称なのだろうか。

最初や最後の文字がダブルクォーテーションだと、ダブルクォーテーションが 4 つ並ぶので見にくいかなっと思ったのですが、ヒアドキュメントっぽく改行しちゃえばいいですね。

どうしてもダイヤが必要な場合

時間を短縮したい。お店屋さんの生産枠を増やしたい。など、ゲームを進めるうえで、どうしても少しだけダイヤを課金したくなる時ってありますよね。

そんな時は、楽天市場で「itunesカード」を購入すると楽天ポイントの還元があってお得です。

iOS(iPhone)の人に限られてしまいますが、初回購入時に 500 円オフのキャンペーンをしていたり、楽天ポイントも最大で 16 倍とものすごくお得です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

App Store & iTunes ギフトカード(3,000円)
価格:3000円(税込、送料無料) (2020/5/24時点)