仕事全般

クロネコ屋に学ぶ!!ブログを続けるためのモチベーションの保ち方

「みんな、白黒つけてる?パンダで~す」

ついに最終回を迎えた「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」

今回はそんなグレーな世界ではなく、ブログの世界で大成功を収められている「クロネコ屋」さんにフォーカスを当てたいと思います。

クロネコ屋さんのツイートには、以下のような作業(サイト構築やブログ投稿)をする上で有益な情報がたくさん詰まっています。

・コンテンツに生かせるアイデア
・作業効率化のアイデア
・作業に対する意識の持っていき方

しかし、タイムラインが流れていくとついつい忘れてしまう。

そんなことってありませんか?

そこで重要なツイートをピックアップしながら、「正しく作業できているか」「足りていない作業は何なのか」など、普段の作業を見つめ直していきたいと思います。

クロネコ屋さんとは

既に有名人なので今更感がありますが、クロネコ屋さんはこんな人。

ブログで成功を収めているインフルエンサー的存在。その成功ノウハウを、現役ブロガーや未来のブロガーたちへ発信しているおり、note の読者数は数万人規模とも言われる。

@NINJAkusokuso

クロネコ屋さん以外にも成功しているブロガーはたくさんいますが、私はその他のブロガーさんの意見を取り入れることはしていません。

複数の意見を吸収するのは大変ですし、仮に吸収できたとしてもすべてを実践するのは困難ですからね。

クロネコ屋さんがリツイートする有名ブロガーのツイートもミュートしちゃってます(笑)

情報量を多くしてしまうと作業する前に疲弊してしまうので、最低限できることからコツコツと進めていきたいですね。

意識(モチベーション)

サイト制作やブログ記事の執筆作業には集中力が必要になります。

サクサク記事が書ける日もあれば、なかなか筆が進まない日もありますよね。

何もしないで 1 日が終わると、自分に対する嫌悪感が出てきて気持ちも沈みがち・・・。

このパターンだけは何としても避けたいところです。

そんな時のために、普段から小さなタスクを用意しておけば、少しでも作業をした気分になってモチベーションが維持できます。

クロネコ屋さんもこんなことを言っています。

最低でも「ステップ1」の成果物を何個もストックしておけば、集中力がある日にまとめて記事を書くこともできます。

「タイトル」と「見出し」だけなら、お風呂の中でも作れそうな気がしますよね。

これも作業をする上での心理的なハードルを下げてくれる助言ですね。

実はこの記事も 60 点のつもりで筆を進めています(笑)

もちろん後から文章や構成は見直しますが、最初は自分用のメモ(備忘録)のつもりで書いています。

最終的に 100 点にすることも難しいと思うので、まずは 60 点を目指し、調整や修正を経て 80 点以上をゴールとしたいですね。

何が正解というものはないですが、自分のできる範囲で作業の大きさを設定して、時にはタスクを洗い出すだけの日を作ってもいいかもしれません。

大きなタスクは細分化し、やる気がない日でもできそうなタスクも ToDo リストへ追加しちゃいましょう。

ここまで作業に対する意識について書いてきましたが、目標や日々の作業量を甘く設定しすぎると、いつまで経っても前に進めない可能性もあります。

特に副業としてブログを書いている人は本業の収入に甘えてしまい、なかなかお金にならない副業に対して熱量が上がってこないかもしれません。

本業を失えば焦りも出てくるかもしれませんが、いつ本業がなくなってもいいという気持ちは持っておきたいですね。

本業を失えば焦りも出てくる

作業編

ツイートの上辺だけを見ると優しいことが書かれていますが、クロネコ屋さんも最初の頃はこんな生活をしていたようです。

あなたはどうでしょうか?

ちなみに、私の最近の作業量はこんな感じです。

・1日8時間労働(取引先に常駐)
・寝る前に0~1記事更新
・通勤中にタスク整理
・トイレ中にネットで情報取集
・ランチタイムに人から情報収集

副業でブログを書かれている方と同じく、日中は本業をしているので記事を書く時間を捻出することは簡単ではありません。忙しい時には 2,3 時間の残業もありますしね。

情報収集できるときに必要になりそうなタスクを登録しておいて、通勤中の電車の中で整理しつつ作業に落とし込んでいます。

具体的には、ToDo という iPhone のアプリにざっくり登録して、それをさらに細分化していくという作業。以下はまだ小さく落とし込めていない段階ですが、いつもこんな感じで ToDo を登録しています。

ToDoリスト

「四柱推命」って何のタスクだよって感じですね(笑)

逆に「ドメインを取得する」程度のタスクなら、5 分も掛からない作業なので、どうしてもやる気が起きない日はこれだけでも OK としています。

クロネコ屋さんはタイムウォッチを使った方法を実践されているようですが、私は時間で作業を区切ったことはありませんでした。

猫に邪魔されなければ「20分」という集中時間は捻出できそうなので、この手法にも挑戦してみたいと思います。

私は自宅だと猫に邪魔されて集中できなくなったので、週末の予定のない日はネットカフェで作業するようにしていました。

最近はコロナウイルスの影響もあってネットカフェから遠ざかっていますが、環境を変えてみることには大賛成です。

私はネットカフェで作業を行う週末の生活スタイルを以下のように変えました。

・ネットカフェまで歩く(片道30分)
・道中の気になるお店にフラっと入ってみる
・いつもと違う道を歩いてみる

歩いていくのは運動にもなりますし、車や自転車のときには気付かなかったお店を発見することもあります。

徒歩は、健康管理とネタ探しの一石二鳥になるのでオススメです。
(ただし夏場の炎天下は避けましょう)

また、例えネットカフェでの作業が集中できなかった日も、途中にある神社でお参りして気分転換したり、なるべく気持ちをリセットする週末になるように心掛けておくといいですね。

神社でお参りして気分転換

ネタ編

「作業に対する意識のコントロール方法は理解した」

「作業環境もバッチリ整った」

ただ、ネタがない・・・。

何か書きたいことがある時は、集中できる環境さえあれば作業がスムーズに進んでいきます。

しかしネタ切れになると、記事が増えていかないことに焦りがでてきちゃいますよね。

そんな人のために、クロネコ屋さんがネタ作りの助言をたくさんしてくれています。

ちょうどネットカフェの下に「たい焼き屋」があるのですが、頭から食べるのか尻尾から食べるのか、極端な話、そんなネタでもいいかもしれません。「たい焼き占い」ってありませんでしたっけ?

これは物を売るためのブログとしては最適なネタですね。例えばこんなの。

女性ウケ抜群!!大阪で買える贈答用のお菓子ベスト3「お店の開店祝いにお菓子を差し入れしよう」 「お世話になる企業にあいさつ代わりのお菓子を持って行こう」 普段、贈答用のお菓子...

先日、ちょうどそれっぽい記事を書いたところだったので、うまくクロネコ屋さんのアドバイスにマッチして良かったです。

このアドバイスにも共感が持てるのですが、本の内容が自分に浸透するかどうかで当たり外れがあります。

最後まで楽しくスラスラ読める本だと、得たことを頭の中で整理できて自分だけの言葉に変換することができます。

逆に内容が難しかったり理解しにくかったりすると、それをネタとして落とし込めないまま飽きてしまいます。

私の ToDo リストに、「四柱推命」という大雑把なタスクが残り続けているわけですね(笑)

興味のある分野の本だといいのですが、普段とは違ったジャンルに挑戦する時は優しそうな本をピックアップしましょう。

無駄な本を買って損をしたくない人は、Amazon の読み放題サービスである「Kindle Unlimited」をオススメします。初月無料なので、無料期間内に読み漁っちゃうのもアリです。

Amazon プライム会員ならさらに無料購読期間が長くなるので、Amazon の送料無料などの恩恵も受けたい方は、先にプライム会員になっておきましょう。私が登録した時は、「Kindle Unlimited」が 3 ヶ月間無料になりました。

これもネタ不足に陥った時の心強い味方ですね。

ただ、論理的に理由を説明するだけだとダメそうなので、感情への共感とバランスをとった記事に仕上げましょう。

まあ、そこが難しいのでしょうが・・・。

テクニック編

ここまで、クロネコ屋さんの以下のアドバイスについて、私が個人的に良いと思ったものをピックアップしてきました。

・作業に対する意識
・作業効率アップ
・ネタ探し

この先は応用編になるので、重要だと思ったものはプラスアルファのテクニックとして利用していけるといいですね。

マーケティングとあわせて勉強していきたいなっと思っている私の課題でもあります。

そう、クロネコ屋さんが言う PV(ページビュー)に対しての売り上げ想定が、私のブログでは一致していないのです。

これには以下の致命的な原因もありそうです。

・ただ単に Adsense 広告を貼っているだけ
・それっぽいところに広告を貼っているだけ
・売れると思って記事を書いていない

特に最後が問題ですね・・・。

これを見てから、自分よりも IT リテラシーが低い人(悪い意味ではないですよ)に、わからないことを聞いてみるようにしました。

以下のように、調べたらすぐに答えが見つかりそうなことについて悩んでいる人が多いことがわかります。

・インスタアプリの写真をダウンロードしたい
・アメブロとTwitterを再連携したい
・iPhoneのデバイス名を変更したい

なので早速、これらの悩みに対する自分なりの回答を記事にしてみました。

インスタの写真を簡単に保存する3つの方法みんな大好きインスタグラム っというと大袈裟ですが、インスタには本当にたくさんの可愛い写真やオシャレな写真がアップされています。 ...
【アメブロ】Twitter連携している名前を変更したい場合の方法先日、こんな相談を受けました。 「アメブロで名前を変更したけど、Twitter に投稿される時に名前が変わらない」というものです。...
iPhoneで名前(端末名)を変更する方法と影響iPhone でテザリングや AirDrop を利用している時に、自分の本名が表示されてビックリしたことはありませんか? まだ新幹...

これは、たまたま私がシステムエンジニアという職種なので簡単に思えるだけで、自分の範囲外の分野に置き換えてみれば知らないことがたくさん出てくるハズです。

その分野を専門にしている人からすれば、「何でそんな簡単なことも知らないの」っと思われるかもしれませんね。

そう、当たり前に見える些細な悩みでも、場面が変われば需要(ニーズ)があることがわかります。

こちらは物を売りたい時によく使われるテクニック。

「わざとらしくてどうなのかな」っと抵抗感もありますが、実際にこの手の宣伝文句に上手く乗せられて買い物をしちゃってる気もします。

もう一押しという場面で使ってみたいワードですね。

プロフィールにも書いている通り、過去に「脱毛エステ」の高額案件の恩恵を受けて、A8 でブラックランクを獲得したことがあります。

その時は、PV を集めて Adsense や楽天などのアフィリエイトで稼ぐなんて遠回りだと思っていました。

今もその気持ちは変わりませんが、高額単価案件は既にレッドオーシャン。

興味があるものならともかく、そうでなければ日々の作業も苦痛になってしまいます。

そことのバランス次第でしょうか。

自分の得意分野だと、どうしても上から目線になりがちですよね。

その内容に詳しければ詳しいほど、ついつい難しい言葉を使ってしまうという失態を犯すことも・・・。

逆に興味を持ち始めた分野の方が、初心者目線の文章でうまく説明ができたりします。

書いた記事を何度も読み直して、バランスについて考えてみる日があってもいいかもしれません。

新しい記事を書くことだけがタスクにならないように、既存の記事にも目を向けていきたいですね。

ビッグワードだとライバルが多くてアクセスが取れないっていうイメージがありました。

例えオリジナリティのある記事を書いても、検索結果に出てこないとアクセスが集められないのではないか。

そんな疑問を持ってしまいますよね?

ただ、そこが逆に狙い目となって「逆張り」ということになるのでしょうか。

これは今からでも簡単に取り入れられるテクニック。

最後の一押しに使いたいですね。「いつ買うの?今でしょ!!」

いつ買うの?今でしょ

まとめ

クロネコ屋さんのツイートの中で、今後の作業に役立つものをピックアップしてきました。

分野別に発行されている note はたくさん読んできたけど、ツイートはついつい流しちゃっていたという人も多いのではないでしょうか。

また、クロネコ屋さんが Twitter 上でオススメしていた本の中で、参考になった本をいくつか紹介しておきます。
(投資系は読んでいません)

ツイートの中でもテクニックに関することについては、陳腐化したり状況が変わってしまうこともあると思います。

ただし、作業に対する意識や効率化については変わることはないですし、他の仕事にも応用ができる部分ですよね。

読んで満足で終わらずに、少しでも自分の作業に生かせるようにしていきましょう。

トレンドな話題以外は、過去 1 ヶ月くらいのツイートを振り返っておけば大体のことは網羅できているという認識です。