Linux

AmazonLinuxのシステムに登録されているログインシェル

ログインシェルを確認するには、以下のコマンドを実行します。

ちなみに、/bin/sh は bash に対するシンボリックリンクだったりします。

シェルでHello World

ついでにシェルで「Hello World」してみます。シェルで Hello World するのは人生で初めてかも。

bash で動作するようにシェルを定義しますが、冒頭で書いた通り、/bin/sh でも bash が使われるので /bin/sh で省略しちゃいます。

実行権限を付けてもいいですが、コマンドの前に sh や bash を明示的に付ければ、シェルを実行できます。

これだと、実行権限を付け忘れて cron に登録してしまっても、問題なくシェルが実行されるのでオススメです。

実行権限を付ける場合と付けない場合

実行権限を付ける場合。

明示的にシェルを実行する場合。

結果はどちらも以下の通りです。

実行権限を付けておくと安心ですが、付け忘れやファイルコピーの際に消えてしまったことを想定して、明示的に実行シェルを定義しておくとさらに良いですね。