JavaScript

Macにnvmやnodebrew以外の方法でNodeJSの特定バージョンをインストールする

Mac 上で NodeJS 12.x を使って動作確認したい処理があったのですが、ターミナルでバージョンを確認してみると 13.x でした。

過去に、nvm を入れてバージョン 10.x と 12.x が切り替えれるようにしていた記憶があるのですが、今の PC ではやっていなかったのかもしれません。

まずは Node.js の 10 と 12 が共存できるように nvm をインストールします。

Node12のNewmanでCannot read property ‘_destroySSL’ of undefined

NodeJS 10.x 系は 2021 年の 4 月末にサポートが切れてしまうので、今のうちに 12.x や 14.x での動作確認をしておきたいですよね。

今回は NodeJS のバージョン切り替えは不要なので、nvm や nodebrew を使わずに、素直に NodeJS 12.x をインストールしたいと思います。

NodeJSの削除

まずは、現在インストールされている NodeJS 13.11.0 をアンインストールしちゃいましょう。

brew で管理されているようだったので、brew uninstall で一発です。

brewでインストール可能なNodeJS

そのまま brew で NodeJS をインストールすると、どのバージョンがインストールされるかわからないので、まずはパッケージを確認しましょう。

うーん、NodeJS 15.3.0 がインストールされると余計に検証が大変になりそうですよね。

新しい機能を使いたい場合は最新にしておくのがいいですが、例えば NodeJS 10.x で正常に動作しているものを気軽に大きくメジャーバージョンアップしちゃうのはオススメしません。

よって冒頭でも書いていた通り、ここでは NodeJS 12.x を探します。

NodeJSのインストール

brew の中に node@12 があったので、こちらをインストールします。

デフォルトのシェルが bash の場合は、以下のように .bash_profile にパスを追加しておきます。

ついでに、すぐにパスをシェルに読み込ませます。

これで無事に NodeJS 12.20.0 がインストールされました。

まとめ

NodeJS 12.x を nvm や nodebrew を使わずに Mac にインストールしました。

いくつかの NodeJS で動作するモジュールを扱う場合は、確かに nvm や nodebrew などでバージョン切り替えができる方が便利です。

ただ、ピンポイントで特定のバージョンを利用したいだけの場合は、直接 NodeJS をインストールしちゃった方が早いですよね。

nvm や nodebrew 特有のコマンドを覚える必要もないですし。滅多に使わないと、操作を忘れちゃいますからね・・・。