Mac

Macで1画面ずつスクロールする「ページアップ」「ページダウン」のキーボード操作

以前、初めて Mac を使った際に、「1つ前の操作」に戻す方法がわからずに悩んだという話をしました。

Macで「1つ前の操作に戻す」「1つ後の操作に進む」のキーボード操作長年 Windows を使ってきましたが、最近になって Mac を使い始めました。 今まで Windows では、1 つ前の操作に戻した...

いまだに Mac は、キーボードのみの操作に不安なところがあって、スマホ以上にマウスが手元にないと落ち着きません。

今回は再び、ターミナルでファイルの中身を参照(less や vi)しているときに同じ状況に陥りました。

画面を大きく下へスクロールさせたかったのですが、キーボードの表記を見ただけではパッと見わからないのです。

ターミナルなのでマウスを使うこともできない・・・。

そこで今回は、Mac のキーボードで「ページアップ」と「ページダウン」を実現する方法を調べてみました。

いろいろなキーを試してみる

Windows で同じことをしようとすると、キーボードにどのボタンとの組み合わせで「PageUp」「PageDown」になるか色で判別ができます。
(キーボードにもよりますが)

Macで1画面ずつスクロールする「ページアップ」「ページダウン」のキーボード操作

多くの場合は、ファンクションキー(Function)ですよね。

しかし、Mac のキーボードにはファンクションキーがキーボードーの右側にしか存在しなくて、いきなりそこに気付けるかというと微妙です。

よって、以下のキーとの組み合わせで試行錯誤することになります。

・Commnadキー
・Optionキー
・Shiftキー
・Controlキー

上記のキーと組み合わせても変な動作はしないのですが、ページアップやページダウンの動きにはなってくれません。

あれでもないこれでもないと悩んでいるうちに、ようやくファンクションキーの存在に気づいて、Windows と同じだったのかっと認識するわけです(笑)

ということで、Mac における「ページアップ」「ページダウン」はファンクションキー(fn)と上下ボタンの組み合わせになります。

ページアップ・・・fn + 上
ページダウン・・・fn + 下

こんな状態ではいつまで経っても成長しないので、マウスを使わない生活をするなどして、普段からキーボードのボタン操作に慣れておかないといけないですね。