Mac

【Mac】スクリーンショットを撮る3つの方法(クリップボードも可能)

Windows なら「PrintScreen」キーを押すと画面全体のスクリーンショットが撮れます。

また起動中のアプリケーションがある場合は、「Alt + PrintScreen」キーで特定のダイアログのみのスクリーンショットが撮れます。

Mac ではどうやるんだろうって調べてみましたので紹介したいと思います。

画面全体のスクリーンショットを撮る

画面全体のスクリーンショットを撮って png 画像としてデスクトップに出力します。

方法は「Shift + Command + 3(数字)」です。

Shift + Command + 3

「Shift」と「Command」キーを押しながら「3」のキーを押すだけです。

画面の一部分のスクリーンショットを撮る

Mac が Windows より便利なのは、標準で自分の好きな場所だけスクリーンショットが撮れることです。

冒頭で紹介した通り、Windows でも特定のアプリのダイアログだけのスクリーンショットは撮ることができます。

しかし、自分の好きな領域だけのスクリーンショットを撮るには別のアプリに頼る必要がありました。

これが Mac ではデフォルトでできるのです。マウスで領域を指定するだけです。

方法は「Shift + Command + 4(数字)」です。

Shift + Command + 4

「Shift」と「Command」キーを押しながら「4」のキーを押すだけです。

これで、指定した領域が png 画像としてデスクトップに出力されます。

クリップボードにコピーする

一部分のスクリーンショットが撮れるようになったのは喜ばしいですが、いちいち保存したファイルを選択してアップロードするのは面倒。

そんな時ってありますよね。

スクショ撮ったら、すぐに notion や slack のような Web サービスに貼り付けたいとか。

実はそれを可能にするのが第 4 のボタン Control キーです。

「Shift」と「Command」と「Control」を押しながら数字の「4」を押してみてください。

Shift + Command + Control + 4

これで好きな領域を指定すると、その画像がクリップボードに保存されるので、そのまま「Command + v」で好きなところにペースト(貼り付け)できます。

修飾キーを利用している場合

ただし、1 つだけ注意点があります。

私の環境だけかもしれませんが、キーボードの左下の「Caps Lock」キーを「Command」キーに割り当てている場合、その Command キーでは上記のクリップボードへのスクショ撮影ができないのです。

【Mac】スクリーンショットを撮る3つの方法(クリップボードも可能)

不思議な現象ですよね・・・。

通常の「Command」キーを使って以下の操作をしたときはスクショ撮影モードになるのに、

Shift + Command + Control + 4

代替の「Command」キー(Caps Lock)だと無反応なのです。

まとめ

Mac でスクリーンショットを撮影する方法を紹介しました。

どの方法を採用するかは、その時のシーンに左右されると思うので、全部覚えておくのがベストでしょう。

用途にもよりますが、時間効率を考えると 3 つ目の「Shift + Command + Control + 4」が最適に思えますが、記録の面ではリスクもあります。

後から撮った画像を加工したかったとか、いらないと思ってペーストしなかった画像が後から欲しくなったりとか。

ファイルに保存されるケースはアップロードの手間が掛かりますが、何度でも利用できるという点では優れています。

仕事のドキュメントやプレゼン資料など、大事な書類の時にはファイルに保存しておくと安心ですね。