Mac

実はここにあった、MacBookの電源バッテリーの状態を確認する方法

最近、MacBook Pro をバッテリーで使用していると電池の消耗が激しい。

先日は会議室でいきなりシャットダウンした。

そしてついに今日、ミーティングが始まって 10 分でバッテリー容量が 47% となり、「もうすぐシャットダウンします」との警告が出た。

47% の残量もそうだけど、47% でシャットダウンしようとするって正気とは思えない。

やはり、これはバッテリーの異常なのか?

今回は、Mac で電源の詳細な状態を確認する方法を紹介します。

電源の状態を確認する

結論から言うと、電源の状態を確認したところ「バッテリーの交換修理」というステータスでした。

Macのバッテリー状況

周りの人にも同じ画面を見せてもらいましたが、他の方の電源状態は「正常」という表記でした。

また、完全充電時の容量も、この画面では 929 となっていますが、他の人たちは 4500 オーバーになっていて、「それ、iPhone より少ないんじゃない?」っと笑われる始末(笑)

OS が交換修理という判断をしている以上、これはもう修理に出すしかないですね。

電源の状態を確認する方法

さて、この電源の状態を確認する方法ですが、以下のメニューから辿り着けます。

Mac の左上のアップルマーク(リンゴアイコン)をクリックして、「このマックについて」を選択する。

このマックについて

下記のダイアログが表示されるので、「システムレポート」のボタンをクリックします。

システムレポート(このマックについて)

ここでソフトウエアやネットワークなど各種状態が確認できますが、今回は左のメニューから「ハードウェア – 電源」を選択します。

冒頭でも紹介しましたが、現在のバッテリー状況が確認できます。

Macのバッテリー状況

充電量情報や状態情報を見てもらえば、バッテリーが劣化しているかどうか判断ができます。

まとめ

ここまで、MacBook の電源の詳細な状態を確認する方法を紹介してきました。

また、バッテリー異常になった場合の状態も確認できました。

ただ、この MacBook は、使用開始からたったの 1 年半。

もしかすると、私の前に別の人が使っていた PC の可能性もありますが、そこそこ綺麗だったので新品だった気もします。

最近、PC 本体のキーボードを使うと少しガクガクしていたので、バッテリーが膨らんできている?という疑いは少しだけあったのですよね。

iPhone もそうですが、Mac のバッテリーは修理に出さないと交換できないので、そこが結構な痛手となります。

もちろん PC がないと作業に支障が出るので、修理待ちではなく新しい PC と交換になることが容易に想像できますが、修理されるまで長期休暇っていうのも悪くはないですよね(笑)

また交換してもらえるのはいいのですが、今回が初めての Mac だったので環境移行や設定には慣れてなくて不安です。

ただでさえ、リリースや運用に追われているというのに・・・。
(そう言えるほど仕事はできてないですが)

どうしてもダイヤが必要な場合

時間を短縮したい。お店屋さんの生産枠を増やしたい。など、ゲームを進めるうえで、どうしても少しだけダイヤを課金したくなる時ってありますよね。

そんな時は、楽天市場で「itunesカード」を購入すると楽天ポイントの還元があってお得です。

iOS(iPhone)の人に限られてしまいますが、初回購入時に 500 円オフのキャンペーンをしていたり、楽天ポイントも最大で 16 倍とものすごくお得です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

App Store & iTunes ギフトカード(3,000円)
価格:3000円(税込、送料無料) (2020/5/24時点)