Webサーバ

NginxのHSTS(HTTP Strict-Transport-Security)の設定

「Let’s Encrypt」のおかげで、全サイト SSL 化していますが、これまで nginx の設定では、http のアクセスがあった場合に https に 301 リダイレクトさせていました。

この場合、Googlebot に http のアクセスを試みられた場合、無駄なリソースを消費するので、HSTS(HTTP Strict-Transport-Security)の設定もしておこうかなっと今回思ったわけです。

HSTSの導入

このヒントは「HSTSが設定されていれば、GooglebotはHTTPSページだけをクロールする」を参考にしましたが、やっておいて損はないようです。

現状は、以下のリダイレクト設定を nginx の各ドメインに対して行っています。

これは、元々 http で運用していたケースがあるからなのですが、最初から https で運用していたらなくてもいいかもしれませんね。

HSTSの設定方法

nginx では、VirtualHost で複数サイトの運営をしているので、各サイトごとに下記の設定を追加しました。

nginx.conf の https ディレクティブで一括設定してもいいですが、今回は個別にやる方法を共有しておきたいと思います。

nginx のサービスを再起動して、実際にリクエストしてレスポンスヘッダを確認すると、以下が付与されていることがわかります。

Strict-Transport-Security:max-age=31536000

サブドメインに対しても同時に設定したい場合は、先ほどの設定に「includeSubDomains」を追加してください。

add_header Strict-Transport-Security ‘max-age=31536000; includeSubDomains’;

この場合、レスポンスヘッダも以下のように変わります。

なお、設定をミスってしまった場合など、HSTS を無効にしたい場合は max-age を 0 にすることで無効化できます。

add_header Strict-Transport-Security ‘max-age=0; includeSubDomains’;