PHP

PHP5.6でphp-fpm起動時にACLのワーニングが出る場合の対応

新たに PHP5.6 の環境を構築していたのですが、php-fpm の設定をして起動しようとしたら下記のエラーが発生。

これまでと同じ手順で設定していたので、設定を間違えたのかと思いましたが、user や group などは間違っていません。PHP のバージョンは 5.6.17 で php-fpm も同様です。

原因はNginxの設定

よくよく php-fpm の設定ファイルを見てみると、listen.acl_users の設定が邪魔をしているようです。

以前構築した際の php-fpm では、そのような項目が設定ファイルになかったので、アップデートした場合と、新規でインストールした場合で何かが異なったのかもしれません。

まあ、アップデート時に設定ファイルが上書きされても困りますしね。設定項目に差分は出てくるのでしょう。公式ドキュメントには以下のような説明があります。

設定ファイルの差分を確認してみる

試しに設定ファイルの差分を確認してみたら、大きく異なった部分は以下の箇所でした。

やはり、ここの設定がどこかのバージョンで追加されたようですね。

この辺はリリースノートや ChangeLog を見てみる必要があります。

でも、5.6.5 からサポートされて以降、そこには触れられていませんでした。時期的に、これまでのサーバも 5.6.5 以降から使っていたと思うので謎ですね。

yum で参照しているリポジトリのパッケージにも依存するのでしょうか・・・。

PHP 5 ChangeLog

結果的には、listen.acl_users を使うとドキュメントの通り、listen.owner および listen.group の設定が無視されるようなので、listen.acl_users をコメントアウトしちゃいます。これで問題なく php-fpm が起動できます。POSIX 自体は /etc/php-5.6.d/20-posix.ini でエクステンションが指定されているので、機能としてはあるようですね。