PHP

Smartyで配列の要素数をテンプレート内で参照して利用する

Smarty 上で配列や連想配列の中身をループさせて使う機会は多いのですが、いざループを通さずに制御したい場合にどうしようかと考えました。

PHP のスクリプト内では count() 関数を利用することが多いと思うのですが、Smarty の標準関数にないかと調べたところ、@count で配列の要素数を算出することが可能のようです。

ビュー側を表示する前にスクリプトで制御しておけばいいのですが、Smarty は想像以上に小回りがききます。

最近はフレームワークも多くて Smarty が使われる機会も減っているのでしょうか?

Laravel だと blade が標準ですしね。

どうしてもダイヤが必要な場合

時間を短縮したい。お店屋さんの生産枠を増やしたい。など、ゲームを進めるうえで、どうしても少しだけダイヤを課金したくなる時ってありますよね。

そんな時は、楽天市場で「itunesカード」を購入すると楽天ポイントの還元があってお得です。

iOS(iPhone)の人に限られてしまいますが、初回購入時に 500 円オフのキャンペーンをしていたり、楽天ポイントも最大で 16 倍とものすごくお得です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

App Store & iTunes ギフトカード(3,000円)
価格:3000円(税込、送料無料) (2020/5/24時点)