PHP

ZendFrameworkのコントローラーの基本的なことをメモ

以前、少しだけ ZendFramework を使う機会があったので、今後使う機会のことを考えてメモっていたことをまとめておく。

まあ、Zend のマニュアルを見た方が早いのですが。

コントローラーのクラス名とメソッド名は URL とマッピングされる。

例えばコントローラーで TestController を作った場合、Web サーバの設定にもよりますが、ドメイン直後の URL パスは test になります。

http://example.org/test/

また、コントローラー内のメソッド名は indexAction() や sampleAction() のように Action を付けた名前にするのが一般的。

この Action 前の部分がまたまた URL とマッピングされます。

上記の URL では省略していましたが省略した場合は indexAction が呼び出されます。

よって sampleAction() を呼び出したい場合は以下の URL になります。

http://example.org/test/sample/

コントローラークラスの基本構成は以下の通り。

Zend_Controller_Action にコントローラーで使用できる便利なメソッドなどもあるので、目を通しておくといいと思います。

また、Zend_Controller_Action を継承した Hoge_Controller_Action みたいなオリジナルなクラスを作って、プロジェクト独自の共通処理を入れるのもいいと思います。

その場合は各コントローラークラスで Hoge_Controller_Action を継承するようにしないといけないので、最初に決めておくといいですね。

ここでは、html などのテンプレート(SmartyやZendのものなど)を表示されるように render() を定義していますが、コントローラーに必要な forward や redirect は Zend_Controller_Action に用意されています。