Python

Pythonでハッシュ値(MD5,sha1,sha256)を算出する

JS で実装されたテストコードを Locust の python コードに置き換えていて、MD5 を使う必要が出てきたので備忘録としておきます。

python で md5() のような標準関数が用意されているのかと期待したのですが、結果的には hashlib のライブラリを使用する必要があります。

hashlibの読み込み

hashlib はプログラムの冒頭で import するだけです。

import hashlib

これで md5 が使えるようになります。

md5の算出

では、実際に md5 の結果を取得してみます。

結果は以下の通りです。

0845a5972cd9ad4a46bad66f1253581f

シェルや PHP の md5 の結果と比較してみましょう。

まずはシェルから。

次に PHP です。

同じ値になりましたので、正常に動作してそうです。

shaの算出

最近は sha1 を回避して sha256 を使う流れになっていますが、こちらも確認しておきます。

結果は以下の通りです。

sha1: 85d7c5ff403abe72df5b8a2708821ee33cd0bcce
sha256: 0653c7e992d7aad40cb2635738b870e4c154afb346340d02c797d490dd52d5f9

先ほどと同様、シェルと PHP の結果と比べてみます。

Kotlin の場合は以下の記事にまとめています。

【Kotlin入門】sha256で文字列からハッシュを作成するKotlin で文字列をハッシュしようと思ったら、それっぽい関数やクラスが見当たらなかったので調べてみました。 少し前までは md5 ...