テニス

あなたは大丈夫?テニスの試合で困らないタイブレークのルール

初級者
初級者
試合のルールで 6-6 になったらタイブレークって書いてあるけど、タイブレークってどうやるんだろう
初級者
初級者
最初のサーブってアドサイドからスタートであってましたっけ?
初級者
初級者
サーブってアドサイド・デュースサイドの順番だったよね?

タイブレークのルールは何となく知ってるけど、経験する機会が少なくて知識が怪しいっと感じてませんか?

試合に参加するようになると、ルール上、タイブレークが用意されているケースが多いです。

いざタイブレークに突入した時に、ルールが不安でゲームに集中できなくなったら本末転倒ですよね・・・。

ここではタイブレーク時のサービスの順番やチェンジエンド(コートチェンジ)について紹介していきます。

タイブレークに突入する条件

私がよく参加する試合では、「6 – 6」になったらタイブレークとルールに明記されています。

6 ゲーム先取で行われる試合なのですが、この 6 ゲーム先取には「2 ゲーム以上差をつける」という条件が隠されているのですよね。

要するに、以下のゲーム数ではゲームセットとならないわけです。

・6 – 5
・5 – 6

例えば自分が勝利する場合、2 ゲーム以上の差をつけている必要があるので、試合終了時は以下のようなスコアとなります。

・6 – 4
・6 – 2
・7 – 5

「6 – 5」までもつれた場合、「7 – 5」として勝ちを掴むか、「6 – 6」に追いつかれてタイブレークになるかのどちらかということですね。

開催される試合によって、「5 – 5」でタイブレークや、完全に 6 ゲーム先取(タイブレークなし)など、ルールが異なりますので注意してください。

タイブレークのやり方

タイブレークは、通常のゲームと少しルールが異なります。

・スコアは 1, 2, 3… と数える
・7 点先取した方が勝ち(ただし 2 ポイント差以上をつける必要がある)
・スコアが 6 の倍数の時にコートチェンジする

上記だけ見ればすぐに覚えられると思いますが、一番ややこしいのがサーブを打つ順番です。

例えばダブルスで、A さんと B さんペア、X さんと Y さんペアが対戦していたとしましょう。
(AB チームからのサービス)

通常のゲームでは、ゲームごとにサーブを打つ人が決まります。

ゲーム数サーブ
1Aさん
2Xさん
3Bさん
4Yさん

(5 ゲーム以降、A, X, B, Y の繰り返し)

しかしタイブレークは、最初の 1 ポイント目を A さんが、2, 3 ポイント目を X さんがサーブを打つことになります。

しかも、サーブを打つ場所が通常ゲーム時と異なるので注意が必要です。

また、サーブを打つ場所の名称を覚えておくといいですね。

一般的には、コートの右側からのサーブをデュースサイド(フォアサイド)、左側をアドサイド(バックサイド)と呼んでいます。

ポイント数サーブサイド
1Aさんデュースサイド
2Xさんアドサイド
3Xさんデュースサイド
4Bさんアドサイド
5Bさんデュースサイド
6Yさんアドサイド
7Yさんデュースサイド
8Aさんアドサイド
9Aさんデュースサイド

(以降、X, B, Y, A の繰り返し)

1 ポイント目だけデュースサイドから打ち、あとはアドサイド・デュースサイドの順番を繰り返します。

シングルスの場合も同様で、B さんを A さんに、Y さんを X さんに置き換えてもらえば大丈夫です。

ここまでのルールを覚えておけば、タイブレークは不安なく消化できるでしょう。

まとめ

テニスにおけるタイブレークについて簡単にまとめてみました。

・6 ゲーム先取は 2 ゲーム以上の差をつけて成立する
・タイブレーク時はサーブを打つ順番やサイドに気をつける

タイブレークに突入すると、お互いに勝利にリーチが掛かっている状態なので、ルールよりもプレイに集中したいですよね。

よって、試合に参加する前にタイブレークのルールを把握しておくことをオススメします。

ダブルスの場合はお互いが覚えておけばバッチリですし、シングルスでわからなくなった場合は素直に相手に聞きましょう。

スコアの数え方は、過去に以下の記事を書いたので参考にしてみてください。

テニスの点数(スコア)の数え方とその由来テニススクールに通っていると、いつかは小さな試合でもいいので出てみたいと思っている人は多いと思います。 しかし、いざ「試合に出よう...