ツール

TomcatをWindowsのサービスに登録する

「TomcatとApacheの連携(Windows編)」では、Apache と連携して Tomcat を動かす方法をまとめました。

TomcatとApacheの連携(Windows編)前回、「Tomcatのインストール(Windows編)」では、Windows 上で Tomcat を単独で動かす方法をまとめました。 ...

今回は Apache と同じく、Tomcat を Windows のサービスに登録して、自動起動させてみます。
(Tomcat を exe ファイルからインストールした場合は、最初からサービス登録されます)

Tomcatのダウンロードとインストール

Tomcat を zip ふぁいるでダウンロードして C:\tomcat に解凍したとして話を進めます。

Dos プロンプトなどのターミナルソフトで、Tomcat の bin(C:\tomcat\bin)ディレクトリに移動します。

そこで、service.bat を実行します。

問題がなければこれでサービス登録されます。

コントロールパネルの「管理ツール – サービス」で、Apache Tomcat のサービスが確認できれば OK です。

Tomcatのサービス起動

次に、サービスを起動します。

サービス一覧画面からも起動できますが、今回はこのままコマンドラインで実行します。

これでサービスが起動します。

あとは、実際に Tomcat 上で動いているサービスにアクセスできたら完了です。

最後に、サービスを自動起動するようにしておけば、今後も楽になると思います。