サービス

TwitterカードのOGP画像のキャッシュをクリアする

Twitter にサイトの URL を投稿したら、Twitter カードに画像が表示されない・・・。

そんなミスに遭遇したことはありませんか?

多くは OGP の og:image に設定した URL が間違っているか、Twitter が画像の反映前のどちらかでしょう。

前者の場合、サイトの og:image に設定している画像 URL を修正しても、Twitter カードの画像はキャッシュされたままで切り替わってくれません。。

今回は、2020 年 2 月現在の Twitter のキャッシュをクリアする方法を調べてみました。

Twitterカード用の開発者ページ

Twitter には API の設定を行う開発者ページ(developer)の他に、Twitter カード用の開発者ページが用意されています。

Enter the URL of the page with the meta tags to validate

Card validator

このページにアクセスすると以下の画面が表示されます。

Twitterカードのキャッシュクリア

該当ページの URL を入力して「Preview card」をクリックすると、画面右に Twitter カードがプレビュー表示されます。

「The card for your website will look a little something like this!」の文字の下を確認してみましょう。このページの場合は以下のようなプレビューが表示されます。
(Twitterアイコンと ID 部分は削っています)

Twitterカード

キャッシュクリア後の確認

プレビュー結果に問題がなければ、早速 Twitter に投稿した内容を再確認してみましょう。または、URL を投稿し直してみてもいいかもしれません。

少しタイムラグがあるかもしれませんが、キャッシュがクリアされていればプレビューと同じ内容になります。

ちなみに、プレビューに「Unable to render Card preview」が表示されたらミスの可能性があります。

Twitterカードのプレビュー

画面下にログが出力されますので原因を調べてみましょう。

稀に、Twitter 側がおかしくてプレビュー表示がうまくいかない場合もあります。
(この場合、ログの中身が空でした)