Linux

Ubuntuでサービス管理(sysv-rc-conf)

Ubuntu でインストールしたデーモンアプリは、基本的にサービス起動することが前提なのでサービス制御するためには別のツールを使用しないといけません。

RedHat や CentOS などではデフォルトで chkconfig がインストールされていて、これでサービスの管理をしますが、Ubuntu では chkconfig がデフォルトではインストールされていません。

ここでは Ubuntu のサービス管理について紹介します。

Ubuntuのサービス管理

では chkconfig を入れようかなっと思うのですが、Ubuntu では sysv-rc-conf のパッケージが使われていることが多いようです。

sysv-rc-conf の使い方は chkconfig に非常に似ていて、それほど操作性に違和感はありません。

sysv-rc-confのインストール方法

インストール方法は下記の通りです。

現在のサービスの状態一覧を取得するのは、chkconfig コマンドと同じく –list オプションを指定します。

Apache のサービス自動起動を off にするには下記のコマンドを実行します。

off を指定すると、すべてのランレベルで off となります。

存在しないサービスが一覧に表示される場合

chkconfig の時はどうだったか確認できていませんが、sysv-rc-conf で存在しないサービスに対して on や off を設定すると、新しく起動スクリプトが作成されてサービス一覧に表示されてしまいます。

その場合は、/etc/rc[2-5].d の下にある該当のシンボリックリンクを削除して下さい。