ツール

Windowsのコマンドプロンプトやシェルからwgetを実行してみる

Linux サーバなどで外部のサイトからファイルをダウンロード(httpやftp)する場合、wget を使う機会が多いですが、実は Windows でも wget を使うことができます。

OpenSSL にも対応していて、最新バージョンは 2008 年の 10 月に登場した wget 1.11.4 です。

下記のサイトからダウンロードが可能です。

一番簡単な使い方は、C ドライブ直下(C:\)にダウンロードした wget.exe を置いて、コマンドプロンプトからコマンドを実行するだけです。

ユーザーエージェントやダウンロード先ディレクトリ指定など、オプションも非常に多く用意されているので状況によって使い分けるといいでしょうか。

どうしてもダイヤが必要な場合

時間を短縮したい。お店屋さんの生産枠を増やしたい。など、ゲームを進めるうえで、どうしても少しだけダイヤを課金したくなる時ってありますよね。

そんな時は、楽天市場で「itunesカード」を購入すると楽天ポイントの還元があってお得です。

iOS(iPhone)の人に限られてしまいますが、初回購入時に 500 円オフのキャンペーンをしていたり、楽天ポイントも最大で 16 倍とものすごくお得です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

App Store & iTunes ギフトカード(3,000円)
価格:3000円(税込、送料無料) (2020/5/24時点)