数秘学・占い

独身男性が彼女を作るまでの最短距離!?女性の悩みに共感すれば距離が縮まる

独身男性
独身男性
彼女欲しいけどそもそも出会いがないよなぁ。どこに行けば出会いってあるんだろう。
独身男性
独身男性
LINE を送ってきてくれる子がいるけど、どんな返事をしたらいいんだろ。すぐに会話が終わっちゃうよ。
独身男性
独身男性
気になる子が社内にいるけど名前も知らないし、話し掛ける勇気もないな。彼氏とかいたりするのかなぁ。

あなたがこの記事に辿り着いたということは、これに近い悩みを抱えていたりしませんか?

「このまま独身でもいいや」

「気に入ってくれる女性が現れるまで待っておこう」

「誰か紹介してくれたら早いんだけどな」

ちょっとした気持ちの切り替えや、女性心理を理解するだけでチャンスが 100 倍も変わってくるのに、そんな受身の状態ではもったいなくないですか?

今回は、多くの女性から恋愛相談されている方のブログの記事を参考に、以下の分析を行ってみましょう。

・女性の悩みを理解してみる
・女性心理を少し理解してみる
・男性目線で考えてみる

この記事を読み終えた頃には、出会いに対して前向きになっていること間違いなしです。

ネタ元のブログ紹介

冒頭で「多くの女性から恋愛相談されている方のブログ」と書きましたが、そのブログが以下になります。

彼の気持ちは?連絡がないのはなぜ?ラインの返信が遅いのはなぜ?・・・あなたの知りたい彼のなぜを解決します!

大阪 恋愛タロット占い 片思い卒業!彼とラブラブになる方法

女性心理について参考になる記事がいくつもあったので、同じ目線に立って女性と接することが恋愛への近道になるんじゃないかなと思います。

例えば、女性から LINE が来たということは、メッセージの裏にはこんな側面が隠れているかもしれません。

・勇気を出してLINEした
・早めの返信を期待している
・あなた発信の連絡を待ち望んでいる

など、モヤモヤしている女性の特徴を把握してあなたの行動も変えていけば、もしかすると自分には無理だと諦めかけていたあの女性も、あなたに好感を持ってくれるかもしれませんよ。

ここでは、女性の悩みと私の経験から、どのような行動をすると女性と気軽に接する機会が増えるのか、3 つの事例を交えて紹介していきます。

女性からのLINEに対する返信

女性はおしゃべりトークが大好きですが、LINE や SNS のメッセージの数も尋常じゃありません。

しかも、絵文字入りでそこそこの文量なのに返信が早い。

そんなイメージありますよね?

しかし女性だって、気になる人に対しては慎重にメッセージを送っていることがわかります。

以下の女性の悩みを検証してみましょう。

ラインをする仲だと、相手からのラインを待ち望んでしまって何回も何回もスマホ見て、来たラインが好きな人からじゃなくてとってもがっかりしたり。

勇気を振り絞って自分からさりげなさを装いラインするために、一生懸命に共通の話のネタを探してみたり。

あなたの LINE の返信はどうでしょうか。そっけない返事をしたりしてませんか?

あれっ、メッセージを返したのに返事がこなくなっちゃったぞ。みたいないこと、身に覚えがないか思い出してみましょう。

舞台裏では、せっかく勇気を出して LINE を送ってきた女性が、もう脈がないんだと諦めてしまっているかもしれません。

男性でもモテる人は、この女性と同じように 1 つのメッセージに時間を掛けるものです。

会話の途中で緩急をつけてみたり、気になってる素振りをさりげなく見せたりとテクニックも使っています。

そして、何度も何度も文章を見直して、最後までチェックを怠りません。

・誤字脱字はないか
・日本語がおかしくないか
・共感した文章になっているか
・自分のことばかり書いてないか
・疑問文ばかりじゃないか

さて、この女性の悩みには続きがあります。

文字を打っては消して、あーでもないこーでもない、んーやっぱりやめようかなって思ったり。意を決してラインできたけど既読になるまでのドキドキ

既読になってるかまた何回も確認しちゃったり。既読になったらなったで返信を待って、返信が中々来なかったらそれがまた不安に変わってしまう。

そう、そのくらい真剣にドキドキしながら 1 つのメッセージを考えているのです。

いやいや、上手くいくかどうかわからない女性に対して、そこまで意識して文章なんて考えないよ。

っとあなたは言うかもしれませんが、普段から何気ない返信をしていると、いざという時にボロが出てしまいます。

あなたも、LINE を送ってくれた女性のことが嫌いじゃないのであれば、この機会に相手が好感を持てる文章を作成して会話に弾みを持たせてみませんか?

どんな文章を書いたらいいの?っとお悩みの人は、メッセージのテクニックを勉強してみるのもいいかもしれませんね。

女性からのアプローチと温度差(ギャップ)

あまり話したことがなかった女性から、急に SNS で「友達申請」が来たことってありませんか?

「用事でもあるのかな?」「何か頼み事かな?」っと思いつつも、「もしかして俺に気があるのかな?」なんてちょっとは思ったりしちゃいますよね。

実はこんな悩みを持っている女性もいます。

・好きな人を見れるだけでいい
・好きな人と同じ空間にいれるだけでいい
・好きな人と他愛もない話ができるだけでいい
・好きな人とLINEで会話したい
・好きな人と飲みに行ったり、ご飯だけでも行けたらいい
・でもやっぱり好きな人と付き合えたらいい
・好きな人とず~っと一緒にいたい

と、望みはどんどん膨らんでいくものです

もしかすると、SNS の「友達の友達」にあなたが表示されて、前から気になっていたから勇気を出して友達申請したのかもしれません。

実は私がそうだったのですが、1 回だけ何人かでランチに行ったことがあるだけの女性から急に SNS で連絡がきたことがあったのです。

しかも、フリーアナウンサーの「川田裕美」さんをもう少し可愛くした感じの女の子。

最初はたわいもないメッセージを数回やり取りする程度だったのですが、積極的にアピールしてくる女性だったこともあり、いつの間にか 1 日の大半をその子とのメッセージのやり取りの時間に使っていました。

社会人失格ですね(笑)

でも、好意を抱く(好きになる)ってそんなもんじゃありませんか?

その後、一緒にパンケーキを食べに行く仲にまで発展したのですが、その頃には私の方が好きになってしまっていて、恋煩いというか食欲が落ちて 3 枚のパンケーキのうち 2 枚を残すという大失態・・・。

思い出のパンケーキ

冒頭の女性のように、最初は LINE ができる程度で満足だったハズなのに、「もう少しで付き合えるんじゃないか?」っと進展を急いでしまうと失敗を招く可能性もあります。

しかし、この女性とは思わぬ形で終わりを迎えます。

職場で時計の電池交換をするために「ドライバーを取って」っとお願いしたのですが、「ドライバーって何ですか?」という返答があったのです。

「えっ、ここはアイアンじゃなくてドライバーですか?」みたいな、ゴルフのキャディーさんのようなボケをかましてくれるならともかく、箱入り娘だったのか、育った環境が大きく違ったのか、本当にドライバーを知らなかったのです。

これは大きなジェネレーションギャップ

どちらにしても、私の方が先に冷められていた感はありますが、付き合う前に性格や素性を少しは知っておくべきかなと思います。

そう、焦りは禁物ってことですよね。

相手のことが詳しくわからない場合は、占いに頼ってみるという方法もあります。

独身男性
独身男性
えっ、占い?そもそも男性が占いってどうなのよ。
独身男性
独身男性
女性の暇つぶしじゃないの?そもそも人生なんて当てられないでしょ。

って思われるかもしれませんが、私は仕事で悩んだときに何度か利用したことがあります。

何かモヤモヤして方向性が定まらない時、知りたくても自分では答えが見つからない(調べられない)時、手助けをしてくれると私は信じています。

明確に「あれしろ」「これしろ」という答えがもらえるわけではなく、悩みを解決するための方向性を示してくれることが多いので、そこに対してどう行動するかはあなた次第です。

まあ話を聞いてもらえるだけでも、かなり気持ちがスッキリするのですけどね。

少しでも気になっている女性がいるのであれば、一度、相性を占ってもらったり、相手がどんな性格の人なのか聞いてみませんか?
(今なら会員登録するだけで 30 分の相談が無料です。)



連絡する勇気が出ないと何も始まらない

最後に、また LINE に話を戻します。

職場や飲み会の席では、いい感じの雰囲気になってきてるんだけど、それ以上の進展がないってことありますよね?

「あの子のこと好きだけど、もしかしたら相手も自分のことが好きなんじゃないか?」

「でも告白してフラれたら会社で顔を合わせにくいな」

「ダメだった場合、何事もなかったかのように友達に戻れるのだろうか」

そんな心配をしていてダラダラと時間が過ぎてしまうことも珍しくありません。

女性も同じく似たような悩みを抱えていて、お互いが勇気を出せなかったために、せっかく上手くいくハズだった縁も泡と消えてしまうなんて、そんな残念なことありますか?

女性の悩みはこうです。

毎日スマホをチェックするけど、一向に連絡はない。

自分から連絡しようかとも思うけど、勇気がでない。

結局、またモヤモヤしながら連絡を待っている。

まさに、お互いに悪循環に陥ってますね。

メッセージをもらって嬉しくない男性がいるわけないのに・・・。

私なんて LINE の通知が届いていたら、いつもウキウキして開けていますよ。

まあ、何かの広告だったりすることが多いのですが(笑)

そんな私も、スポーツジムで仲良くなった女性と LINE の交換をしてやり取りをする機会がありました。

しかも、元アナウンサーの「小正裕佳子」さんに雰囲気が似ている美人。
(あっ、決してアナウンサーが好みというわけではないですよ)

最初の頃はお互いに気を使っていたのか、敬語を交えて 1 日数回程度の会話。

そのうちメッセージの回数が多くなり、電話もするようになって、徐々に距離感が縮まってきたのです。

「もしかしたら恋愛に発展するんじゃないの?」

「相手が毎日電話したいって言ってるし」

っと盛り上がってきた矢先、LINE のレスポンスが悪くなり、忙しいからといって電話が徐々になくなり・・・。

「女心は秋の空」とはうまく言ったもので、女性のこんな言葉は信じちゃダメですよ!!

・この先ずっと好きでいようね
・少しでも時間があったら会いたい

すべて、「少なくても今はそう思っている」という言葉が隠されています(笑)

女心は秋の空

そもそも、そんないい雰囲気に発展しそうな相手なんていないし。

っとお嘆きのあなた!!

実は私の職場には、マッチングアプリで出会いに成功した人が 2 人います。それも男女 1 人ずつ。

今の時代、健全なマッチングアプリも多く、純粋に出会える機会が増えています。

といっても、怪しいアプリがあるのも事実。

上記で紹介した私の知り合いは、2 人とも「Pairs(ペアーズ)」というアプリを使っていました。

Pairs実績

・男性はそのままゴールイン(結婚)
・女性は何度か食事やデートをしたけどお別れ

母数は少ないですが、出会い確率 100%、カップル成立率 50% という好成績です。

別途、「タップル」というアプリもオススメなのですが、こちらはサイバーエージェントという企業の子会社が運営しています。

一昔前まではチャラチャラした会社というイメージでしたが、登録審査もしっかりと行われていて、グレーな投稿は自動でチェックして弾いたりと健全な場が提供できるようにしています。

ただ、出会いの確率が高いのは最初に紹介した「Pairs」一択です。

っと言い切ったものの、独身を卒業するという目的では、やはり相手も結婚を求めている人に限定した方が近道です。

地元に帰ると、独身の同級生がまだまだたくさんいます。

話を聞いてみると、ショッピングモールにある結婚相談所に登録して、紹介してもらった人ととりあえず会ってみたという受け身な回答でした。

それだと結婚相談所が儲かるだけですよね

婚活する側はもちろんですが、相談所も成功率の高いところを選ばないといけないですよ。

男性会員の成婚率 90% ってヤバくないですか?



いやいや、まずは簡単なマッチングアプリから始めたいという人はコチラ。



まとめ

恋愛に悩む女性を、男性の視点から考えてみました。

LINE のメッセージについては個人差もあるので、イケイケドンドンで気兼ねなしにメッセージを送る人もいれば、なかなか勇気が出なくてスタンプでごまかしちゃう人もいます。

それはそれでカワイイのですけどね

また、既読が付いてからすぐに返事がこないのは、じっくりと返事を考えているからかもしれないのに、「既読スルーされてるのかな?」って悩んじゃう気持ちもよくわかります。

逆に、わざと相手の返信をすぐに既読にしなかったり、変な駆け引きをしちゃうと悪循環の始まりですよね。

まあ、そういった片想いのドキドキした状況も恋愛の醍醐味ではあるのですが、そもそも出会いがないとそんな経験もできません。

女性の気持ちも理解した上で、メッセージのやり取りに慣れていきたいですね。

まだ婚活はちょっと・・・

っと言い訳するくらいなら、まずはマッチングアプリから始めてみませんか?