WordPress

WordPressでプラグインを使わずにアイキャッチ画像を一括登録する方法

「アイキャッチ画像を設定するのを忘れていた」

「1 個ずつ記事を編集するの面倒だな」

「無駄にプラグイン入れたくないな」

こんな時はデータベースを操作して楽々解決したいですよね。

今回は、アイキャッチ画像を設定していない記事に、特定のメディア画像を設定する方法を紹介します。

アイキャッチ画像のデータ

記事のアイキャッチ画像は以下のテーブルに登録されています。
(テーマや設定によってプレフィックスは変わります)

wp_postmeta

このテーブルには以下のカラムが用意されていて、ここにメディア画像の設定をしていきます。

wp_postmeta

・media_id
・post_id
・meta_key
・meta_value

アイキャッチが設定されていない記事を探す

アイキャッチが設定されている記事に変更は加えたくないので、アイキャッチが未設定の記事だけを抽出しましょう。

ざっくりとした SQL ですが、まずはここに該当したデータを確認してみましょう。

余分なデータがあれば、wp_posts テーブルの条件を絞っていくといいですね。
(post_status など)

アイキャッチのデータを作成する

上記のデータとメディア画像の情報から、アイキャッチのデータを作成していきましょう。

post_id:記事の post_id
media_key:_thumbnail_id
media_value:画像データの post_id

例えば、該当記事の post_id が 1 から 5、画像の post_id が 15 だった場合、以下の SQL を作成します。

これでアイキャッチ未設定の記事に対して、目的の画像を設定することができました。

WordPress のデータベース設計はシンプルなので、データの管理方法に興味のある方は、データが少ない時にじっくり見てみるといいと思います。

どうしてもダイヤが必要な場合

時間を短縮したい。お店屋さんの生産枠を増やしたい。など、ゲームを進めるうえで、どうしても少しだけダイヤを課金したくなる時ってありますよね。

そんな時は、楽天市場で「itunesカード」を購入すると楽天ポイントの還元があってお得です。

iOS(iPhone)の人に限られてしまいますが、初回購入時に 500 円オフのキャンペーンをしていたり、楽天ポイントも最大で 16 倍とものすごくお得です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

App Store & iTunes ギフトカード(3,000円)
価格:3000円(税込、送料無料) (2020/5/24時点)